自分は性病とは無関係と思っていても、性病にかかる可能性が0なわけではありません。いざ性病にかかった時に対処法を知らないことは恐ろしいことです。

更新履歴
    悩んでいる女性

    HIVやクラミジア、梅毒、カンジダ、トリコモナスなど性病には様々な種類があります。
    これらの性病の中で、最近特に増加しているものがあります。
    それは梅毒です。
    日本を含む先進国などでは減少傾向にあったため、昔の病気と思われてきました。

    ですが、ここ数年ほど増加傾向にあります。
    特に大阪府では男女全体で5年間で約5倍、その中でも女性はなんと約13倍にも増加しているといいます。
    また、患者の年代にも特徴があり、若年層の患者が増加傾向にあります。

    そもそも梅毒とは感染者との性的交渉(粘膜や皮膚との直接接触)などによりうつる性感染症です。
    トレポネーマパリダという細菌が粘膜や皮膚、傷口に進入することによって、口腔内や陰部などに潰瘍ができたり、全身の発疹やリンパ節の腫れなどの症状を引き起こします。
    これらの症状は自然に消えたり、人によっては出ない場合もあります。
    ですが、進行した場合、脳や心臓にも症状がでることがある危険な病気です。

    また、梅毒に罹患している人が妊娠した場合、早産や死産のリスクを高めると同時に、胎児に重篤な異常をきたすことがあります。
    さらに、梅毒に感染している場合HIVなど他の性感染症に感染しやすくなります。
    梅毒の予防方はまずコンドームを正しく使用することです。
    ですが、着用しても口や傷口などから細菌が進入することももちろん考えられますので、併せて定期的な検診を行うことがベストな予防法といえます。

    梅毒はかつて不治の病として恐れられてきましたが、今では早期治療によって完治します。
    治療法はペニシリン系の抗生物質を2~3週間内服することです。
    性病かもしれない、と病院に行くことは躊躇われるかもしれませんが、悪化する前に相談しに行くことを心がけましょう。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    最近の投稿
      アーカイブ
        人気記事一覧
          サイト内検索