自分は性病とは無関係と思っていても、性病にかかる可能性が0なわけではありません。いざ性病にかかった時に対処法を知らないことは恐ろしいことです。

  • ホーム
  • ベトナムで中だしをして性病に感染をしたと思ったら

ベトナムで中だしをして性病に感染をしたと思ったら

ベトナムなどの発展途上国では、日本と比較をして安価で女性から性的なサービスを受けることができます。
そのため、旅の恥はかき捨てとばかりに夜遊びをして中には中だしをして、一時の快楽に酔いしれるという男性も少なくありません。
男性にとって中だしというのは本能を刺激する行為ですから、単に射精をする快感以上の満足感を得ることが出来ますが、これは非常に危険な行為となります。

通常であれば相手を妊娠させてしまった場合、そのリスクがまず大きくなってしまいますが、海外でしかも性的なサービスを受けることができる女性相手となれば妊娠のリスクを考える必要はないのがほとんどです。
しかし、妊娠以上に怖いものとして性病があり避妊具を用いない性行為は、性病に対して完全に無防備な状態となってしまうだけに、感染するリスクは非常に高いものといえます。
ましてや発展途上国で生活のために性的なサービスをしている女性の場合、世界各国の男性を相手にしている可能性があるだけに、どのような病気を持っているのかわかりません。
簡単に治療ができるものであれば、笑い話で済みますがエイズなどの不治の病にかかってしまっては冗談では済まされませんから、このようなリスクを避けるにはまず危険な行為をしないことが重要です。

それでも、中だしをしてしまってから後悔をするのであれば、帰国後医療機関などで性病の検査を受けるようにしましょう。
感染をしていた場合、放置をしていて良いことはありませんし早めに治療を開始すればすぐに治すことも出来ますから早めの行動が重要です。
日本国内の性的なサービスを受けられる店でもリスクは高い中、海外ともなればそのリスクは更に高いことをよく認識しておきましょう。

関連記事