自分は性病とは無関係と思っていても、性病にかかる可能性が0なわけではありません。いざ性病にかかった時に対処法を知らないことは恐ろしいことです。

  • ホーム
  • 微熱や掻痒感のある性病について

微熱や掻痒感のある性病について

心配している男性

性病は、性行為によってパートナーから感染してしまうおそれのある病気全般のことを指していますので、さまざまな種類がみられます。
かつては花柳界で感染が広まる梅毒やノルフロックスの効果で改善する淋病のようなものが注目されていましたが、実はこれだけにとどまらないものですので、最近では性病といわずに性感染症という用語を使って、その幅広さを表現する場合もあります。
性病のなかでも多い症状としては、陰部の掻痒感がまず挙げられますが、場合によっては全身的な症状としての微熱などをともなうこともあるものです。

たとえば、性器クラミジア感染症は、名前の通りクラミジアという種類に属する微生物が感染したことが原因となっておきる病気です。
男性の場合は特に尿道の掻痒感や軽い痛み、あるいは排尿時に分泌物が出るといった症状が特徴となります。
女性の場合にはあまり自覚症状がない場合もありますが、おりものの増加や不正出血などをともなうことがあります。
放置してしまうと子宮頚管炎や卵管炎といった、さらに重大な病気に発展することがありますので、やはり自覚症状があまりないからといって放置はせず、抗生物質の処方を受けてきちんと治療することが大切です。

また、淋菌感染症は、淋菌という細菌のなかでも特殊な構造のある微生物が原因となっているもので、やはり男性に多く、陰部のかゆみ、特に排尿時の激痛、発熱といったものが症状としてあらわれます。
こちらも淋菌が適応菌種に含まれているような抗生物質で治療をすることになります。
いわゆる経口タイプの口から飲むような錠剤ではなくて、同じ抗生物質でも病院での静脈注射によって体内に注入するといった、さらに効果の高い方法で治療をすることもあります。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索